新潟でおすすめの注文住宅・工務店をランキング形式で紹介します

新潟注文住宅ランキング

新潟で住宅ローンを借りるなら地方銀行や信金も有力候補

新潟県で注文住宅を建てる場合、住宅ローンを扱う主要な金融機関にはどこがあるのでしょうか?本稿では新潟県内で住宅ローンを検討する際に覚えておきたい基本情報をまとめました。

 

新潟県の住宅の平均的な建築費相場

新潟県内の注文住宅の延べ床面積平均は133.9㎡というデータがあります。全国平均は130.6㎡となっており、全国平均と比べると広めの家が多い傾向にあります。建築工事費の平均は新潟県が2,806万円で坪単価平均が69.1万円に対し、全国平均は建築工事費が3,101万円で坪単価が78.4万円です。このことから、新潟県は全国平均と比べても坪単価を安く抑え、広い家を建てる傾向があり、建築費総額は全国平均と比べても安く収まる場合が多いようです。

新潟県は首都圏とのアクセスが良く、首都圏からセカンドライフで地方に移り住むのに有力な選択肢になりそうです。しかし新潟は雪が多く降る地域であるということは忘れずに。

 

住宅ローンの際に選択肢に入る新潟の地方銀行

新潟には「第四銀行」、「大光銀行」、「北陸銀行」という主要な地方銀行があります。いずれも住宅ローン向けに金融商品を積極的に展開しており、地方銀行から住宅ローンを組む人は多い状況です。それ以外でも信用金庫やJAバンク(農協)から住宅ローンを組む場合も多く見られ、いわゆる主要な大手銀行(メガバンク)以外にも住宅ローンの選択肢が多い状況です。

ここからは新潟県の地方銀行の特徴を解説します。

第四銀行

第四銀行は新潟市に本店がある地方銀行です。新潟全域で営業を展開しており、新潟県内で最大手の地方銀行という位置づけです。多くの支店が住宅ローンの相談を平日なら20時まで、土日でも17時まで受け付けています。住宅ローンは長期ローンとなるため、固定金利か変動金利かの選択がとても重要ですが、第四銀行は申し込み時と実際の借入れ時の変動金利を比較し、安い方を適用するサービスを行っています。このためタイミングを気にせず気軽に相談することが可能です。ローンの審査は全てインターネット上で可能な環境を整えており、インターネット上からも利用しやすくなっています。

大光銀行

大光銀行は新潟県、長岡市に本店がある地方銀行です。営業区域は新潟全域というわけではなく、上記の第四銀行と比べるとやや小規模になります。

住宅ローン商品で特徴的なのは子育て世代を対象とした「スマイル学割10」です。このプランは未就学児〜22際以下の学生の子供を扶養している世帯が対象となり、0.3%の優遇金利が適用されます。子供がいる世帯で住宅ローンを組むならば有力な候補となる銀行といえるでしょう。

 

北陸銀行

北陸銀行は上記の大光銀行と同じく長岡市に本店を置く地方銀行です。営業区域は新潟県の大半と、前橋市、高崎市などの群馬県、熊谷市やさいたま市などの埼玉県を含みます。住宅ローンと共に生命保険の商品も豊富に取り揃えており、両者を組み合わせた金融商品が多いことも大きな特徴です。住宅ローンの豊富さと丁寧な対応には定評があり、平日でも土日でも相談窓口を利用できるようになっています。

 

新潟は地方銀行も信用金庫も豊富

新潟にも全国区のメガバンクは当然、進出していますが、新潟県内は地方銀行や信用金庫も豊富です。一般的な経営理念の面から考えるとメガバンクの主な顧客は企業ですが、地方銀行や信用金庫の主な顧客は個人です。そのため地方銀行や信用金庫は住宅ローンのような個人向けの金融商品に注力する傾向があります。以上のことから地方で住宅ローンを検討する場合は、その土地に根付いている地方銀行や信用金庫が有力な選択肢になり得るのです。

 

新潟で住宅ローンを検討する場合は、メガバンクや地方銀行、信用金庫などを含めればその選択肢は軽く10を超えます。住宅ローンを選ぶ立場からすれば選択肢が多いことは単純に嬉しい状況といえるでしょう。新潟で住宅ローンを検討する際は、とにかく慌てず、主要な金融機関を出来るだけ多く相談に行き、腰を据えて選ぶことをおすすめします。

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

注文住宅を検討する人へ|土地選びで絶対に失敗しないためのポイント

新潟の注文住宅や建売の相場を調べてみました