新潟でおすすめの注文住宅・工務店をランキング形式で紹介します

新潟注文住宅ランキング

知らないと損する!リフォームで使える補助金を調べてみた【新潟】

リフォーム使える国の補助金には

  • ゼロエネ住宅(ZEH)支援事業
  • 長期優良住宅化リフォーム
  • 省エネ改修補助金(断熱リノベ)
  • エネファーム設置工事

などがあります。ただ意外に忘れがちなのは、自治体でやっている補助金です。この記事では、2019年度のリフォームで使える新潟市の補助金についてまとめています。ぜひ参考にご覧ください。

 

【2019年】新潟市のリフォームで使える補助金の申請方法

新潟市のリフォームで使える補助金は、どの補助金も申請場所や方法は基本的に同じです。そこではじめに、申請方法についてまとめておきます。

申請受付

2019年4月15日(月)から先着順で申請受付。予算状況に応じて、申請の受付を締め切る場合があります。

申請の仕方

申請方法はいずれも共通で、住環境政策課(市役所本庁舎・分館5階)に申請書に必要書類を添付のうえ、窓口に直接申請してください。※郵送での申請は不可となりますので注意してください。

<新潟市役所>

住環境政策課(新潟市役所本庁舎、分館5階)

〒951-8550  新潟市中央区学校町通1-602-1

電話:025-226-2815(直通)

住まいに関する融資・助成|新潟市役所

 

子育て・高齢者支援健幸すまいリフォーム助成事業

それではメニューの紹介です。新潟市では、既存住宅のバリアフリーリフォーム・子育て対応リフォーム・温熱環境改善リフォームを中心に、改修工事の助成事業を進めています。

申請対象者

子育て世帯

中学生以下の子どもがいる。または妊娠している方がいる世帯

高齢者世帯:補助金交付申請時に60歳以上の方がいる世帯

三世帯同居世帯

子育て世帯と親世帯が同居、または実績報告書の提出までに同居予の世帯。

補助対象となる基本工事

・バリアフリーリフォーム工事

・温熱環境改善リフォーム工事

・子育て対応リフォーム工事

補助金額

子育て世帯

上限額5万円(基本工事を2種類以上行う場合は10万円)。

対象経費の1/10まで。

三世帯同居世帯

上限額20万円、対象経費の1/10まで。

詳しくは、新潟市役所住環境政策課までお問い合わせ下さい。

 

新潟市UIJ支援にいがたすまいリフォーム助成事業

新潟市では新潟県外からの移住・定住を促進するため、住宅リフォーム費用などの補助を受け付けています

申請対象者

UIJターン世帯

2016年、4月1日以降、実績報告書の提出までに、新潟県外から市内に移住し、住宅のリフォーム工事をする2人以上の世帯、および個人。※2016年3月末時点で新潟県外に居住していた方、世帯が対象

空き家を活用したUIJターン世帯

上記世帯のうち、空き家の要件として以下の条件を満たす必要があります。

  • 一戸建てで、申請日・居住日・登録日の内、最も早い日以前の概ね3か月以上居住・使用のないもの
  • 2019年4月1日以降、実績報告書の提出までに売買により取得した空き家。または申請日前6か月以内に売買により取得した空き家であること。
  • 建築後1年以上経過し、申請者等以外の方が居住した空き家であること。

補助対象となる工事・経費

1)住宅等において行うリフォーム工事に係る経費

2)住宅等への転居に係る経費

・工事に係る経費と同額、20万円以内まで。

補助金額

UIJターン世帯

上限50万円、対象経費の1/2まで(予定として8件)。

空き家を活用したUIJターン世帯

上限100万円、対象経費の1/2まで(予定として3件)。

新潟市内は雪も少なく、県外からの移住・定住にはおすすめできる自治体です。すでに市内に移住している方は、自分が補助金を使えるか、よく調べてみるといいでしょう。

 

新潟市空き家活用リフォーム推進事業

空き家問題はどの自治体でも喫緊の課題です。新潟市でも空き家の活用の促進を図るため、市が進める施策で空き家を活用する場合に、改修費用の一部を補助しています。

空き家活用用途

新潟市では空き家の活用用途を「福祉活動活用タイプ」と「住み替え活用タイプ」の2つに区分けし、さらに「福祉活動活用タイプ」では4つ、「住み替え活用タイプ」では5つのカテゴリに細かく分類しています。

福祉活動活用タイプ

1.地域の茶の間

2.高齢者向け共同居住住宅(シェアハウスなど)

3.共同生活援助(障がい者グループホーム)

4.子どもの居場所(子ども食堂等)

住み替え活用タイプ

1.子育て世帯向け住宅

2.高齢者等世帯向け住宅

3.障がい者世帯向け住宅

4.一般世帯向け住宅

5.マンション居住世帯向け住宅

補助金額

福祉活動活用タイプ

1〜4共通で上限100万円、対象経費の1/2まで。

住み替え活用タイプ

1〜3、上限50万円、対象経費の1/2まで。

4・5、上限30万円、対象経費の1/2まで。

また1〜5共通で、多世代同居世帯、親子近居世帯、多子世帯の場合は、補助上限額がプラス10万円となります。

 

まとめ

この他にも新潟市では、毎年募集している耐震改修・建替工事費のリフォームや、介護保険でお馴染みの障がい者向けのリフォーム工事にも補助金が用意されています。

新潟市は比較的大きな自治体ですから、使える補助金がたくさんあります。リフォームを思い立ったら、自分に合った補助金サービスを有効に活用しましょう。

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

【見逃したら損】新潟で家を建てる際の補助金や助成金について

新潟でリフォームする際に確認しておくべき施工会社を紹介

新潟で戸建てリフォームをするなら見ておくべきハウスメーカー