新潟でおすすめの注文住宅・工務店をランキング形式で紹介します

新潟注文住宅ランキング

新潟で二世帯住宅建てるなら絶対に確認しておく3つのポイント【三条・長岡・燕】

新潟県は甲信越地方に位置します。東北に隣接しており、日本の国土の中でも北寄りに位置しています。新潟県は日本でも北寄りに位置している関係もあり、降雪が多い地域です。新潟県内でも比較的降雪が少ないのは周囲に山が少ない新潟市ですが、それでも首都圏と比べると降雪量は多く、新潟県は全般的に雪が降る地域です。

本稿で解説する三条市、長岡市、燕市、の3県は新潟県内の中では比較的降雪量は少なめです。それでも冬場は道に雪が積もる程度には雪が降ります。このため住宅を建てる場合は雪対策を考えることがとても重要です。

本稿では以上のような雪対策も含め、新潟県の三条、長岡、燕、の地域で二世帯住宅を建てる際の注意点を解説します。

 

1 吹き抜け構造は新潟の気候に適さない

二世帯住宅の場合、2階建てか3階建ての構造を想定する場合が多いと思われます。1階部分と2階部分の一部を吹き抜けの構造にする住宅は近年、人気を集めています。吹き抜け構造は広々とした大空間を演出できるためとても開放感のある住まいになります。当然、総床面積は減るのですが、それでも吹き抜けの住宅に憧れる人は多いようです。しかし吹き抜けの家は、実は夏暑く、冬寒い、という欠点があります。広い空間となるため基本的に空調が効きづらいのです。

夏場は窓から室内の広い範囲に日差しが降り注ぎ、冬は暖房が効きにくい構造です。新潟は全般的に山が多く、盆地の地形が多いため、冬には雪が降り、夏は湿度が高いという特徴があります。新潟の夏は湿度が高く、ムシムシした暑さです。このため夏の暑さ対策も多少は考えるべきであり、吹き抜け構造にするのはあまり適しません。どうしても吹き抜け構造にしたい場合も、ごく一部の範囲を限定的に吹き抜けにする程度に納めるべきでしょう。

 

2 2階にキッチンスペースを作ると費用が上がり、水漏れの心配もある

二世帯住宅の場合、キッチンも二世帯で快適に使うために2箇所作りたい、という要望が多いようです。その場合は1階部分と2階部分の両方にキッチンを作る場合もありますが、2階部分にキッチン設備、つまり水回りの設備を作ると工事費用が多少ですが、上がります。キッチンの場合単純に2階で水道を使えるレベルとは違い、それ以上の排水設備を設置する必要があります。2階にキッチンがある場合、万一の水漏れトラブルも厄介です。2階で水漏れが起こると1階の天井部分の破損につながる可能性もあるからです。以上のことから二世帯住宅でも2階、3階部分にキッチンを作るのは要検討です。

 

3 屋上がある構造は雪国に不向き?

二世帯住宅は大勢の家族で住むため、出来るだけ広いスペースの家を建てたいものです。出来るだけ総床面積を増やすために屋根を平らにして屋上部分も使えるようにすれば便利なのですが、新潟は降雪があるため屋上のある家は選択しにくいです。

当然冬場は屋上に雪が積もるため数ヶ月間は利用できなくなります。雪の重さの問題もありますが、現在の建築技術ならば雪の重さに耐えられる構造にすることは可能です。しかしその場合は通常よりも強度の強い設計が必要になるため建築費用はかなり上がります。長期間、屋上に水分に晒されるため、そのための防水設備も必要になり、それらの定期メンテナンスも必要になります。

雪が自然に落下する、雪国特有の急斜面の屋根にすれば木造でもOKですが、屋上スペースを作る場合は基本的に鉄筋コンクリートになり、費用も上がると考えるべきです。二世帯住宅で屋上を共有スペースにして、ガーデニングをしたりバーベキューをしたり、という夢を持つ人は多いようですが、新潟の土地柄では少しハードルが高いかもしれません。

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

家を建てるなら最初に見ておくべき新潟の代表的なモデルハウスと住宅展示場

新潟県内で中古リノベーションが得意な工務店